Linux 外付けUSB HDD接続

外付けUSBハードディスクを接続してマウントした際のメモです。

パーティション作成

# fdisk /dev/sdb

フォーマット

# apt-get install xfsprogs
# mkfs.xfs -f /dev/sdb1

マウント

外付けUSB-HDDを、ファイルシステムXFSで /mnt/usb-hddにマウントする。

# mkdir /mnt/usb-hdd
# mount -t xfs /dev/sdb1 /mnt/usb-hdd

アンマウント

# umount /mnt/usb-hdd

起動時にマウントするように設定

UUIDを調べる

# ls -l /dev/disk/by-uuid
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 17 23:09 1160736c-1d3b-4e92-8d14-3e1ee72d8447 -> ../../sdb1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 15 00:56 21b57bdf-8f29-496e-b9ff-6ee2d8b87f24 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 15 00:56 84769a20-e63f-4417-9b51-d3ec05e847ba -> ../../sda6
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 15 00:56 f09f08ab-227d-4238-b084-cc4651222fa9 -> ../../sda5

sdb1のUUIDがわかったので、/etc/fstabファイルに次のように行を追加する。

UUID=1160736c-1d3b-4e92-8d14-3e1ee72d8447 /mnt/usb-hdd xfs defaults,nofail 0 2

UUIDの部分は「/dev/sdb1」でもよいが、デバイスが変わった場合に備えてUUIDにしておく。

fstabに記述する際の各項目の内容は次のとおり。

内容
1項目目 デバイス、ラベル、UUID /dev/sdb1
UUID=1160736c-1d3b-4e92-8d14-3e1ee72d8447
LABEL=/
2項目目 マウント先 /mnt/usb-hdd
3項目目 ファイルシステム ext2, ext3, ext4, btrfs, reiserfs, xfs, jfs, smbfs, iso9660, vfat, ntfs, swap, auto。auto など
4項目目 マウントオプション auto : 起動時に自動マウント、mount -aでマウント
noauto : 自動ではマウントしない
atime : アクセスごとにinodeアクセスタイムを更新
noatime : アクセスごとにinodeアクセスタイムを更新しない
codepage : 文字コード
exec : バイナリの実行を許可
noexec : バイナリの実行を禁止
ro : 読み取り専用でマウント
rw : 読み書き可能でマウント
user : すべてのユーザにマウントを許可
users : ユーザグループの全ユーザにマウントを許可
nouser : rootだけマウントを許可
owner : デバイス所有者にマウントを許可
sync : I/Oは同期する
async : I/Oは非同期でされる
suid : SUID、SGIDを有効
nosuid : SUID、SGIDを無効
flush : データを頻繁にフラッシュする
nofail : 存在するときはマウントし存在しないときは無視。
defaults : デフォルトマウントオプション(ext4の場合はrw,suid,dev,exec,auto,nouser,async)
など
5項目目 ファイルシステムをdumpするかどうか 0:dumpユーティリティでバックアップを作成しない
1:dumpユーティリティでバックアップを作成する
6項目目 システム起動時にfsckチェックを行うか 0:チェックしない
1:ルートファイルシステムでチェックする場合
2:ルートファイルシステム以外でチェックする場合

参考元

まつざきの技術メモ
UNIXLife
archlinux – fstab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です