Postfixで転送用メールアドレスを追加する方法

Postfixで転送用メールアドレスの追加や転送先変更をするコマンドを忘れがちなのでメモしておきます。

前提条件

/etc/postfix/main.cfの内容で以下のように定義されてること。

alias_maps = hash:/etc/postfix/aliases
alias_database = hash:/etc/postfix/aliases

aliasesファイルの編集

/etc/postfix/aliases ファイルを編集する。

test01: user01
test02: user02,example@docomo.ne.jp

1行目:「test01」に送信されたメールをユーザ「user01」に転送する。
2行目:「test02」に送信されたメールをユーザ「user02」と「example@docomo.ne.jp」に転送する。

転送先データベースファイル作成

データベースの作成コマンドを実行する。

postalias /etc/postfix/aliases

これにより/etc/postfix/aliases.db が作成される。

Postfixへ反映

Postfixに反映するコマンドを実行する。

newaliases

これにより動作中のPostfixに反映される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です