ファイルサーバ構築

構成

共有フォルダは下記の構成にする。

共有名 ディレクトリ 説明
www /home/www-data Windowsユーザ「user1」のみ読み書き可能。
Linux上ではLinuxユーザ「www-data」の所有物とする。
share /home/share 誰でも読み書き可能。
Linux上ではLinuxユーザ「root」ユーザの所有物とする。

設定手順

インストール

Sambaのインストールと設定ファイルのバックアップ。

apt-get install samba
cd /etc/samba
cp smb.conf smb.conf.old

フォルダ作成

mkdir /home/share

Sambaユーザ作成

ユーザ「user1」を作成する。パスワードを聞かれるので「user1」のパスワードを入力する。

smbpasswd -a user1

ちなみにパスワードを変更する際は次のコマンドを入力する。

smbpasswd -x user1

設定ファイルの編集

/etc/samba/smb.confファイルを編集する。

#======================= Global Settings =======================

[global]
   workgroup = WORKGROUP
   server string = %h server
   dns proxy = no
   interfaces = 192.168.0.0/24 eth0
   bind interfaces only = yes
   log file = /var/log/samba/log.%m
   max log size = 1000
   syslog = 0
   panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
   encrypt passwords = true
   server role = standalone server
   passdb backend = tdbsam
   obey pam restrictions = yes
   unix password sync = no
   passwd program = /usr/bin/passwd %u
   passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
   pam password change = yes
   map to guest = never
   usershare allow guests = yes

#======================= Share Definitions =======================

# Website Directory
[www]
  comment = Website Files
  path = /home/www-data
  valid users = user1
  force user = www-data
  read only = No
  create mask = 0700
  seciruty mask = 0700

# Share Directory
[share]
  comment = Share Files
  path = /home/share
  guest ok = yes
  force user = root
  read only = no
  create mask = 0755
  security mask = 0755

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です